読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京写真館

カメラとか写真とかボチボチと・・・

簡単Lightroom CC RAW現像入門

LightroomCC/6は、Adobe(アドビ)のRAW現像ソフトです。主にデジカメなどで撮影した画像の明るさや色味などの補正をするソフトです。ここでは、Lightroomを使用して、RAW現像やテクニックを取り上げていきます。

CANON EOS 80D 徹底レビュー

2016年3月25日に発売になったCANON EOS 80D。2400万画素、45点AF、Digic6搭載、フルHD60FPS撮影など、中級機としてのバランスの良い性能のEOS 70Dから更にブラッシュアップが図られています。70Dを使用している私が、80Dを手にした観想を何度かに別けて書い…

Lightroom CC/6 ライブラリモジュール2

ライブラリモジュールから実際に画像を読み込んでみます。LightroomCC/6で読み込めるのは、JPEGやRAWなどの画像データと動画のデータも読み込みはできます。(現像は画像のみ)

Lightroom CC/6 ライブラリモジュール1

ライトルームを立ち上げると、最初に表示されるのがライブラリモジュールです。右上に、ライブラリ、現像、マップ、ブック、スライドショー、プリント、Webと各モジュールが並んでいて、そこをクリックすると各モジュールにアクセスできます。

LightroomCC/6概要、バージョンの違い

現在、Lightroomは、CCと6の二つのバージョンが存在しています。Lightroom CCは、Lightroom+Photoshopのフォトグラフィプラン(月額¥980)か、ほぼ全てのソフトが使用できるコンプリートプラン(月額¥4980)で使用できます。Lightroom 6は、単体で販売され…

CANON EOS 80D高感度画質検証-2-

EOS 80D 高感度画質検証の第二回目。今回は80Dと70Dの画質比較になります。80DはDigic6、70DはDigic5+と一世代の違いが有ります。高感度の画質はどのような違いが出るんでしょうか?

CANON EOS 80D高感度画質検証-1-

CANON EOS 80Dの高感度画質を比べて検証していきます。70Dに比べて画質向上が図られているという情報が出ていましたが、2400万画素の新開発のCMOSセンサー+Digic6で吐き出される画像を見ていきたいと思います。

EOS 80Dの撮影モード

80Dを買って、バッテリーを充電してメモリーカードを入れて、レンズを取り付けたら、いざ撮影です。 モードダイヤルには沢山の撮影モードが用意されているので、順に見ていきます。70DからCANONのデジタル一眼レフを本格的に使用してきましたが、最初に購入…

デジカメ画像の保存方法ガイド

年々画素数の上がっていくデジカメの画像の保存方法を考えてみました。意外と知らない保存方法の落とし穴もご紹介します。