読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京写真館

カメラとか写真とかボチボチと・・・

LightroomCC/6概要、バージョンの違い

現在、Lightroomは、CCと6の二つのバージョンが存在しています。
Lightroom CCは、Lightroom+Photoshopのフォトグラフィプラン(月額¥980)か、ほぼ全てのソフトが使用できるコンプリートプラン(月額¥4980)で使用できます。
Lightroom 6は、単体で販売されているバージョンで、月額(年額)で払わずに使用できます。

 

 


プログラムのコアとなる部分は共通ですが、支払い方法だけが違うだけではなく、CCはリリース後に発売されたカメラに対応する他、新たに追加された機能が使用できるのに対して、6は新しいカメラには対応するも、追加の機能は使用できないという差があります。
将来、新しいバージョンが出た際は、CCは月額(年額)を支払っているので、アップグレード料金はかかりませんが、6から7などの次のバージョンへは有償のアップグレードになります。6は次期バージョンが発売になると、新しいカメラへの対応なくなります。


 

Lightroom各モジュールの概要

 

・ライブラリーモジュール
主に画像の管理を行います。
画像の読み込みや書き出し、ファイル名を変更したり、キーワードを付けて管理しやすくしたり、カメラの設定で間違って付けてしまった日付の変更なども行えます。

現像モジュールでは、RAW現像を行います。
明るさ、色味、コントラストなどのパラメーターをいじって、適切な画像へ補正できます。

 

・マップモジュール
画像に付いたGPS情報を元にgoogleマップ上に画像を表示できます。

 

・ブックモジュール
Blurb.comでフォトブックを作れますが、日本では対応したサービスが無いため、ほぼ意味がありません。
PDFやJPEGで出力ができますが、サイズをカスタマイズして制作できないので、自社の製本フロー用にカスタマイズできないので、本当に無駄な機能になっています。

 

・スライドショーモジュール
写真のスライドショーをPDFもしくは動画として書き出しができます。

 

・プリントモジュール
写真をプリンターでプリントしたり、コンタクトシートを作成できます。

 

・Webモジュール
ホームページなどで使用できる、ギャラリーの制作ができます。
HTML、FLASHに加え、HTML5の出力に対応しています。

 

 

 

tokyophotostudio.hatenablog.jp