東京写真館

カメラとか写真とかボチボチと・・・

入門~中級機キヤノンデジタル一眼比較(EOS Kiss X80~80D)

キヤノンの入門~中級クラスのデジタル一眼には多くの機種がラインナップされています。
何がどう違うのか?どの機種を購入すべきなのか?
ここでは各機種の特徴を簡単に解説していきます。
今回取り上げたEOS Kiss X80、Kiss X7、Kiss Xi9、9000D、80Dの5機種はすべてAPS-CサイズのCMOSセンサーが搭載されています。
プロやハイアマチュア向けの35㎜フルサイズのセンサーを搭載した機種に比べると、センサーのサイズを小さくし低価格で提供できるように設計されています。
また、35㎜フルサイズのセンサーに比べると一回り小さいAPS-Cサイズのセンサーは、カメラやレンズを小さく軽く設計できるため、女性やお年寄りにも気軽に使ってもらえるようになっています。

 

 

各機種の特徴

■EOS Kiss X80
1800万画素
3コマ連写
AF9点
一番ローエンド向けの機種で、スペック的には数世代前の中級機位の性能といった所。
ゴミ取り機能や常用感度が低いなどあるが、価格が手ごろなので一眼レフを趣味として始めたい人向け。
センサーのごみ取り機能なし


■EOS Kiss X7
1800万画素
4コマ連写
AF9点
ボディのみ370gと一眼レフ=重いというイメージを払拭するような小型軽量化を実現。
X80よりも連写や常用感度がわずかにスペックアップしている。
センサーのごみ取り機能有


■EOS Kiss Xi9
2400万画素
6コマ連写
AF45点
中級機の80Dで採用されているDual Pixel Cmos AFや45点AFを採用している事などから、入門機ながらハイスペック志向な機種。
Dual Pixel Cmos AF搭載で、高速で安定したライブビューで写真や動画の撮影ができます。
液晶はバリアングル液晶で、液晶画面を動かして様々なポジションで液晶を見ながらライブビュー撮影ができます。
最新のDigic7を採用していることから、常用感度が一段上まで使用できるようになっています。
中級機並みの秒6コマ連写と45点AFが搭載されている所から、9000D同様に子供の運動会やスポーツ撮影等にも使用できます。


■EOS 9000D
2400万画素
6コマ連写
AF45点
スペック的にはXi9とほぼ同じで、内部やメカ的にはほぼ同じで兄弟機種と言っていいでしょう。
違うのは、右肩に液晶があり設定を確認しやすいのと、シャッターボタン横のメイン電子ダイヤルと背面のサブ電子ダイヤルの2ダイヤルで操作ができるのは上位機種に似た操作性となっています。
性能的にはXi9と似ていますが、外観の見た目は80Dに似ています。
入門機ではありますが、小型軽量で中級機の80D並みの性能を実現した機種です。
8000Dまでの機種にはバッテリーグリップのオプションがありません。


■EOS 80D
2400万画素
7コマ連写
AF45点
後から発売されたKiss Xi9や9000Dと似た性能ですが、使い勝手や撮影のしやすさは断然80Dの方が上です。
ファインダーがこの中では唯一ガラスペンタプリズムで、明るく大きく見やすいのが特徴。
バッテリーも7Dや6D、5D等と同じLP-E6N/LP-E6を採用していることから、撮影枚数が多くなっています。(バッテリーグリップにも対応)
9000D以下の機種は、小型軽量を意識してか、バッテリー容量が少ないので撮影枚数も半分以下になっています。
その点、80DはCIPA規格で1390枚とたっぷり撮影できます。
地味な機能のようですが、中級機ならではの機能で、M、SサイズのRAWで撮影できます。
JPEGと比べるとRAWの容量は大きくなってしまいますが、現像処理を前提とした撮影であればやっぱりこだわってRAWで撮りたいですよね。
2400万画素も必要がない場合には、MやSサイズのRAWがとても便利です。
その他にも色々細かい所ですが設定項目が多く、使い勝手が良い機種となっています。
防塵防滴性能もあります。

 

まとめ

ざっと各機種の特徴を書きました。
何を撮りたいのかという事がはっきりしていれば、どの機種を購入すべきなのかが決まってきます。

風景や日々の生活のスナップ等の用途で写真を始めたいなら、Kiss X7辺りかが良いでしょう。
低価格で、センサーのごみ取りの機能もあり便利です。

小学生くらいまでの子供の運動会やスポーツ活動を撮影して残したいというのであれば、Kiss Xi9、9000D、80Dは45点AF(オートフォーカス)で、秒6~7コマの連写ができるので、低価格機でありながら動く被写体の撮影にも適します。
スペック的に似てはいますが、使い勝手や設定の細やかさからKiss Xi9<9000D<80Dといった構図になります。

入門機を使っていて、ステップアップで買い替えたいのであれば80Dであったり、ここにはありませんが高速連写の7D MarkIIやフルサイズ機の6D、5Dといった機種になると思います。
ただ、上位機種になれば価格もそれなりに上がりますし、APSからフルサイズに買い替えると、標準ズーム等のレンズも買い替えることになるので、コストも上がります。
趣味の範囲で使うのであれば、予算次第で選択できる機種が変わってくると思います。

 

オススメ記事

CANON EOS 5D MarkIV 徹底レビュー

CANON EOS 80D 徹底レビュー

簡単Lightroom CC RAW現像入門