東京写真館

カメラとか写真とかボチボチと・・・

CANON EF24-105mm F4L IS II USM【レビュー】

f:id:yamato_hana:20181113182827j:plain
CANON EF24-105mm F4L IS II USMを購入しました。
EF24-105mm F4L IS II USMはCANONのLレンズシリーズの一つで、解放F値4のミドルクラス向けのラインナップとなります。
EF24-105mm F4L IS USMの後継のレンズで、従来の手振れ補正効果2.5段から4段へ向上。ASC(コーティング)によるゴースト低減、フッ素コートにより傷もつきにくくなっています。

 

購入のきっかけは、現在メインで使用中のEF24-70mm F2.8L II USMが絞り羽根の故障で修理になった事。
秋は撮影のシーズンで、修理中も仕事が入っており、予備の標準レンズが無いので、このレンズを購入しました。
購入価格は、¥114000位だったと思います。
CANON以外のメーカーから出ているF2.8のズームレンズにしようかとも思いましたが、故障した際にボディごと持ち込みでないと修理や調整できないなど、もっと撮影に影響が出る可能性もあるので、CANONレンズになりました。
F2.8のレンズを購入するには予算が・・・となったので、F4のレンズになりました。

ズームは24mmの広角から105mmの中望遠までの4.37倍ズーム。
広角から中望遠までを一本で済ませるので、とっても便利なズーム域といえます。
(カメラはCanon EOS 5D Mark4です)

f:id:yamato_hana:20181113193545j:plain
24mm

f:id:yamato_hana:20181113193549j:plain
70mm

f:id:yamato_hana:20181113193555j:plain105mm


次に各F値による描画の違いを見てみます。
F4、5.6、8の絞りで、全体と周辺の描画を見てみます。

f:id:yamato_hana:20181113194200j:plain
F4

f:id:yamato_hana:20181113194207j:plain
F4拡大

f:id:yamato_hana:20181113194413j:plain
F5.6

f:id:yamato_hana:20181113194420j:plainF5.6拡大

f:id:yamato_hana:20181113194459j:plain
F8

f:id:yamato_hana:20181113194505j:plain
F8拡大

F4の解放は全体的にやや甘めの描画という印象。
周辺部分はかなり甘い感じになっていますが、
F5.6まで絞ると周辺まで綺麗に描画しています。
開放で使うよりも、ひと絞りした方が良さそうです。

 

最後に、各絞りでボケの印象を見て見ます。

f:id:yamato_hana:20181113200519j:plain
F4 78mm

f:id:yamato_hana:20181113200524j:plain
F5.6 78mm

f:id:yamato_hana:20181113200531j:plain
F8 78mm


今回のテストでは風景などのスナップ撮影では、ひと絞りして使った方が良いのがわかりました。F5.6まで絞れば、そこそこ良好な描画になりそうです。
F8まで絞ってしまえば、申し分ない描画にはなるんでしょうけど、ボケ感がつまらなくなってしまうので、スナップを楽しむのならそこまで絞ってしまうのは考え物です。

続きます。

 


 

おすすめ記事

CANON EOS R発表

CANON EOS 5D MarkIV 徹底レビュー

CANON EOS 80D 徹底レビュー