読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京写真館

カメラとか写真とかボチボチと・・・

EOS 5D Mark4 高感度検証1

CANON EOS 5D RAW現像 Lightroom

 

f:id:yamato_hana:20170108182752j:plainCANON EOS 5D Mark4の高感度の画質を検証してみたいと思います。
マーク4は3000万画素、画素数が増えれば画質面は不利になりがちですが、進化したDigic6から吐き出される画像はどうなのか?徹底的に検証していきたいと思います。

 

 

撮影はLサイズのRAWで、ISO1600、3200、6400、12800の各感度で撮影し、LightroomでRAW現像してノイズの出方を確認します。
ただ、Lightroomではパラメーターをいじらず、デフォルトの設定で出力しています。
(出力時にシャープもかけていない)

ブログの仕様でフルサイズのデータを掲載できませんので、500pxにトリミングしたものだけ等倍で掲載します。(1024*683pxだとほとんど違いが判らない・・・)

f:id:yamato_hana:20170212212749j:plain


ISO1600
5D ISO1600

ISO3200
5D ISO3200


ISO6400
5D ISO6400


ISO12800
5D ISO12800

 

 続いて、暗部の切り抜きです。
ISO1600
5D ISO1600

ISO3200
5D ISO3200

ISO6400
5D ISO6400

ISO12800
5D ISO12800



ISO1600では若干のノイズはでますが、気にならないレベル。
ISO3200でも普通に使えそうなノイズ感です。
ISO6400ではノイズが目立ってきますが、まだ使い物になりそう。
ISO12800では細部がつぶれてしまっているので気軽には使えそうにない感じです。

 


総括
ISO3200までは問題なく感度を上げて撮影できそうです。
ISO6400も対象次第では積極的に使っていけると思います。
ISO12800ではノイズがかなり出る印象なので、撮影対象によって注意して使用する感じでしょうか。
ただ、ディテールが完全になくなってしまうような感じではないので、画質的にはかなり優秀な方だと思います。
ISO12800だなんて使用しないだろうと思って、それ以上の感度で撮っていませんでしたが、もう少し上の感度の画質はどうなんだろうかと思ってしまうほどの優秀さでした。

次回に続く。

 

tokyophotostudio.hatenablog.jp