東京写真館

カメラとか写真とかボチボチと・・・

Lightroom Classic CCとLightroom CCの同期

f:id:yamato_hana:20160530172514j:plain
AdobeのRAW現像ソフトLightroom Classic CCとLightroom CCが出た当初、二つのソフトは似ているけれど、全く別のソフトという考えでいました。
ですが、両者の連携して使用する事が出来て思っていたよりも使い勝手が良い事に気が付きました。
今回は、Lightroom Classic CCとLightroom CCの同期について取り上げていきます。

 


Lightroom Classic CCは従来のLightroomと同様の使い勝手で、ローカルにデータを置いてデスクトップで作業する現像ソフト。
クラウド版のLightroom CCは、画像やカタログといったデータがクラウド上にあるので、外出先で作業したり、モバイル機器上で作業したい場合に使用するといった考えでした。ですが、クラウドにデータを置くので、容量の上限があり、増え続ける撮影データに対応する事が難しく、データ量が多い場合は使いずらいものという考えでした。
それぞれ別々で使っていくと、そうなってしまいますが、両者は同期をする事で連携ができます。WindowsMacAndroidiOSの垣根なく使えてしまいます。
Lightroom Classic CCとLightroom CCを同期して使用するのであれば、データを管理するのにLightroom Classic CCを使用するのが一番良いでしょう。ですから、撮影したデータを最初に読み込むのはLightroom Classic CCを使用します。
読み込んだ写真を同期したい場合は、ライブラリーモジュールで同期したいフォルダを選択します。フォルダーを右クリックしてコレクションを作成します。
コレクション名を付けてオプションのLightroomCCと同期にチェックします。

f:id:yamato_hana:20190225141710p:plain


更に、Lightroom Classic CCとLightroom CCを同期させるために、左上のLightroom Classic CCとある場所をクリックするとLightroom CCとの同期が出てくるので、同期をオンにします。○○枚の写真を同期中と出れば、同期に成功です。

同期


同期してクラウドへ写真のアップロードが終わったら、Lightroom CCを立ち上げてみると、先ほど同期したコレクションがアルバムとして表示されています。
同期後にLightroom Classic CCで編集したものはLightroom CCでもその編集が反映されており、またLightroom CCで編集したものはLightroom Classic CCへ反映されます。
Lightroom CCはクラウドと接続されていないと同期ができないので、ネットワーク環境がある場所で作業する事が望ましいです。Lightroom CCで作業した結果がLightroom Classic CCへ反映されていない場合は、同期の状態とネットワークの接続を確認してみてください。

編集が終わって、Lightroom CCで作業する必要が無くなったら、Lightroom Classic CCにあるコレクションの同期を停止します。停止するとLightroom CC上からアルバムが消えます。同期を停止してもLightroom CC上の写真そのものは残ったままになるので、写真もまとめて選択して消します。
再び同期する必要がなければ、Classic CCのコレクションも削除してかまいません。(コレクションを削除してもLightroom Classic CCからは消えません)

この使い方なら、一度に現像するファイルの容量が膨大でなければ、契約している20Gや100GBの容量で十分使用できると思います。

 
ちょっと問題も・・・
この使い方は、コレクションを使用して編集をしているので、ファイルを削除する際は注意が必要です。Lightroom Classic CCでフォルダを選択して写真を削除するとLightroom CCでも同期されて削除されますが、コレクションからのみ削除するとコレクション内から削除されるだけなので、Lightroom Classic CC上のフォルダには残ったままになります。

f:id:yamato_hana:20190225152725p:plain

同様にLightroom CCのでの編集では、写真を削除する際は「写真を削除」もしくは「アルバムから写真を削除」があり、「写真を削除」を行うとLightroom CCから削除されますが、「アルバムから写真を削除」を行うとアルバムからのみ写真が消え、Lightroom CC上のすべての写真内には残ります。
Lightroom Classic CCとLightroom CCで同期をとれるのは、Lightroom Classic CCのコレクション内のデータとLightroom CCのアルバム内のデータとなります。

 

こういった事から、同期して編集した際は、Lightroom Classic CCでコレクションを開いて表示したものと、フォルダを開いて表示したもは、ファイルの数が同一ではなくなります。
編集したファイルのみを残したい場合は、Lightroom Classic CCのライブラリモジュールからコレクションを開き全選択します。
選択したままフォルダに移動して、編集→選択範囲を反転を行い、使用していないファイルを選択し、削除します。
この辺を混同してしまうと、ミスの原因になりますので、注意が必要です。

おすすめ記事

・簡単Lightroom Classic CC RAW現像入門