東京写真館

カメラとか写真とかボチボチと・・・

Canon Professional Service(CPS)の登録方法

CPS Canon Professional Service

キヤノンにはカメラ機材を割引で修理したり、修理期間中に代替え機を借りられるプロ向けのサービスがあります。

会員種別は2種類あり、
修理半額+機材貸し出しがあるA会員は¥24000/年
修理半額のみのB会員は¥6000/年
(入会費は別途¥5000がかかります。)
持ってる機材が多く、メンテナンス料金もばかになりませんから、
修理代が半額になったり、機材の貸し出しがありとっても魅力的です。
この記事では、Canon Professional Serviceへの登録の方法を説明します。

 

CPSへの入会条件

キヤノンのプロサービスCPSCanon Professional Service)へは、誰でも入会できるわけではありません。
CPS会員登録にはいくつか条件があります。

1.撮影を本業または生業とし、プロフェッショナルとしての品格を持ち撮影活動を行っている。
2.EOS本体3台以上、EF/RFレンズ5本以上の所持。
3.国内に拠点がある事。
4.CPS会員2年以上保持する会員からの推薦がある事。

サービス規約には上記の4つの項目があります。
他社のプロサービスとの違いは、会員からの紹介が必要という事でしょうか。
また、カメラやレンズが沢山あって、CPS会員からの推薦がもらえるからといって、写真が好きな学生では申し込めません。
サービス規約には、1.の項目に、アシスタントやアルバイト、学生は入会の対象外です。
プロカメラマンを証明する書類としては、確定申告書類に”カメラマン”などの職業が入っている必要があります。

必要書類を揃えよう

上記の条件を満たす方は、まず先にCPS会員からの推薦を受けてしまうのが良いと思います。
CPS会員は専用のHPがあり、2年以上の会員はそこから推薦することができます。
推薦を貰うと、メールで入会申し込みの案内が届きます。
メールに記載の専用HPには、下記書類を用意する案内があり、申込書と機材登録書はオンラインで作成が可能です。
A.入会申込書(要写真)
B.身分証明書のコピー(免許、パスポート等)
C.撮影を本業または生業としていることを証明している書類(確定申告書類の写しや業務請負契約書の写しなど)
D.撮影者クレジットの入った、過去一年以内に撮影した成果物。
(写真印刷物、画像、雑誌、新聞、ポスターなどを2点以上)
E.機材登録書

A、B、C、Eは条件を満たす方なら問題なく揃えられると思います。
プロで活動していないと、Cの書類を揃える事が難しいはずです。

成果物の用意

D.の成果物(ポートフォーリオ)に関しては、自分で撮影した写真であればなんでも良い訳ではなく、仕事として依頼されて撮影した事を証明する必要があります。
印刷物などに自分のクレジットが入らないような撮影も沢山あるので、そういった撮影をされている方は成果物を用意するのにちょっと困るかと思います。
私はブライダルの撮影が多いですが、私の名前がアルバムや写真に乗る事がありません。
証明する事が難しいので、事務局の方に相談してみたら、成果物の用意の方法を教えてくれました。

結婚式撮影の場合、
・ウエディングアルバムを作成する場合は、アルバムをデザインした数ページをプリント(インクジェットで良い)。
・アルバムで使用されているカットをデータとして提出。
・撮影依頼書のコピーを用意。
依頼書の日付と写真データのExifにある日付を照合、カメラのシリアルナンバーをチェックして、合致すれば申請が通ります。

動画やエンドロールの場合は、
・動画のスクリーンショットをとって印刷。
・動画の元データを提出。
・撮影の依頼書のコピーを用意。
となります。

成果物に直接クレジットの入るような撮影は少ないと思うので、依頼書と撮影データは最低でもないとダメでしょう。

応募と締め切り

申請書類ができたら、CPS事務局へ郵送で送ります。
締め切りは年4回あり、1月末日、4月末日、7月末日、10月末日となります。
締め切り日までに余裕をもって送りましょう。
宛先は必要書類を用意する際に宛先に関しての記載があります。

選考と合否

選考は、書類選考と入会面談があります。
応募締め切り後、約1か月で書類選考の審査結果が届きます。
書類審査が通れば、ほぼ合格との事で、推薦者と一緒に日程を調整して面談に行きます。

面談後に入会金と年会費を支払えば会員証が届いて、登録が完了します。

CPS会員の特典

CPS会員になると受けられるサービスがあります。
・機材修理費半額(A、B会員共通)
・代替え機無料貸し出し(A会員)
・センサー清掃無料
・試用機材無料貸し出し
・サービスデポ(スポーツイベントなどの出張サポート)の利用
・イベント等で特別ラウンジの利用
・入会時に粗品がもらえる

一般の方は、センサー清掃は保証期間中でも有料ですが、CPS会員は無料です。
購入前に機材を試用したい場合も、在庫さえあれば無料でレンタルできます。
銀座と大阪にはCPS会員専用の受付窓口があり、一般の窓口と違う専用カウンターが用意されています。
CPS会員専用の窓口は、無料ドリンクも用意されています。

 

 

プロサービスへの登録は、プロカメラマンで、規定の機材を持っていて、紹介してもらえる会員がいるのであれば、難しい事ではありません。
成果物の用意で、クレジットの入った印刷物などと書いてあると、ちょっと難しく思われる方もいるようですが、依頼されて撮影したことが証明できれば問題ありません。

 

■おすすめ記事

CANON EOS RP徹底レビュー

CANON EOS 5D MarkIV 徹底レビュー 

CANON EOS 80D 徹底レビュー

外付け HDDを自作します

エネループ 急速充電器BQ-CC85【Panasonicエネループ】